石鹸ってそもそもなに??

せっけんを扱うのにその起源を知らないのはどう?そもそも「せっけん」って

石鹸の起源

人類初の石鹸は、紀元前3000年頃にできたと言われています。

古代ローマ時代の初めごろ、サポー(Sapo)という丘の神殿で羊を焼いて神に供える風習があったようで、この時したたり落ちた羊の油脂がアルカリ性の木の灰に混ざって石鹸のようなものが誕生しました。この偶然の出来事が石鹸の歴史の始まりです。
その石鹸がしみ込んだ土は汚れを落とす不思議な土として珍重されました。石鹸は油脂をアルカリ剤で煮るとできるのですが、この場合は熱々の木灰が脂を煮るアルカリ剤の役目を果たしたわけです。英語で石鹸を意味するソープ(soap)は、この丘の名前から取ったといわれています。

サポーの神殿で石鹸が偶然できていた紀元前3000年代、メソポタミア(現在のイラク)でも石鹸が作られていました。シュメール人が羊毛の洗浄と石鹸の製法について粘土板にくさび形文字で記しています。作り方は木灰にいろいろな油を混ぜて煮たというもので、塗り薬や織布の漂白洗浄に使われていたそうです。医薬品として使用していたのですね。

当時の石けんの原型となったのは、オイルに灰やクレイ、砂を混ぜただけのシンプルなものだったようです。

石鹸が本格的に製造され始めた頃

石鹸が本格的に製造されるようになったのは、エスパニア(現スペイン)やイタリアで始まったそうです。
石鹸を作る専門の人も誕生しました。
この頃の石鹸も動物の脂肪と木炭から出来てましたが、ニオイがかなりきつかったようです。

12世紀に入ると地中海のオリーブ油と海藻灰を原料にした石鹸が作られるようになり、工業的に石鹸の製造が始まりました。

原料となる油脂としては古くから牛や羊の獣脂が使用され、その後にオリーブオイル、パームオイル、ココナツオイルも使われるようになりました。獣脂は現在でも石けん素地の材料として広く使われています。この作り方で作られる石けんには、水の表面張力をゆるめながら汚れや皮脂、雑菌と結びついて洗い流すという働きがあります。

18世紀末には産業革命のもとで原料のアルカリ剤の大量生産が可能となったことで、石鹸も大量生産されるようになりました。その辺りから石鹸を作るための開発法がどんどん発明され、重曹なども作れるようになったことから、大量に安く石鹸を作ることができるようになったようです。

18世紀の終わり頃には、すでにヨーロッパとアメリカでは広告キャンペーンの成果により衛生的な生活が健康につながるということが広く知られ、石けんの使用が一般的になっていきました。

19世紀にはドイツで世界初の合成洗剤が誕生。アメリカで世界初の家庭用合成洗剤が発売されました。

石鹸が日本に初めて伝来したのは、安土桃山時代、渡来していたポルトガルやスペインから持ち込まれたとされています。渡来人が持ち込んだ石鹸は汚れ落としのアイテムとしてではなく、薬用として珍重されていたようです。

当時の日本で汚れ落としの役割を果たしていたものは、灰汁(あく)や米の研ぎ汁・米ぬか・海草の煮汁などでした。動物を焼いて食する事があまり無かった時代、サポーの丘で起こったような石鹸の作り方は日本では発見されにくかったと思われます。
しかし、灰汁や米の研ぎ汁・米ぬか・海草の煮汁はどれも天然の界面活性成分を含むアルカリ成分なので、皮脂などの汚れは落とす事は出来ていたのでしょう。

日本で初めて石鹸が作られたのは明治6年(1873年)のことで、石鹸が初めて日本に入ってきてから約300年も経っていました。堤磯右衛門さんが苦労の末初めて石鹸の製造に成功したのです。(神奈川県横浜市南区には「石鹸工場発祥の地」の銘板が現在でも残っています。)

庶民が顔を洗ったり、お風呂で体を洗ったり、洗濯などに石鹸を使用するようになるのは、明治後半になってからのことです。
銭湯では明治10年代から使用され始め、洗濯石鹸のことを「洗い石鹸」、洗面石鹸のことを「顔石鹸」と称していたそうです。

石鹸の種類・分類

石鹸にはさまざまな分類法があります。

ナトリウム・カリウムなどのアルカリ金属塩のアルカリ石鹸と、アルカリ金属以外の金属塩の金属石鹸に分類されます。

●アルカリ石鹸・・・水溶性で表面活性が著しく、起泡力をもち洗浄力がすぐれる。硬/軟という性質で、硬石鹸と軟石鹸に分類される。固形/液体で、「固形石鹸」と「液体石鹸」に分類することもできる。

用途で分類すると「身体用石鹸」「身体以外用石鹸」「工業用石鹸」に3分類されます。(身体用石鹸は人の身体に使うので、(各国の)薬事法などの規制を受けるので、別扱いなのです。)


☆身体用石鹸・・・人の身体に用いる石鹸です。各国で薬事法などの規制を受け、下位分類に浴用石鹸(ボディーソープ)、洗顔用石鹸、手洗い用石鹸(ハンドソープ)、薬用石鹸などがありあます。
さらに細かく見ると、浴用石鹸(ボディーソープ)、洗顔用石鹸、手洗い用石鹸(ハンドソープ)、薬用石鹸などがあります。
☆身体以外用石鹸・・・台所用石鹸、洗濯用石鹸 等々です。

形状別では「液体石鹸」「固形石鹸」「紙石鹸」「液体石鹸」などがあります。

☆液体石鹸・・・鹸化に使用するアルカリによって固まりやすさが変わるため、固形と液体は製造段階で分かれ、水酸化カリウムで鹸化したものはカリ石鹸(脂肪酸カリウム)、水酸化ナトリウムで鹸化したものはナトリウム石鹸(脂肪酸ナトリウム)と呼ばれ、カリ石鹸はナトリウム石鹸より融点が低いということです。

☆固形石鹸(Bar soap)・・・ナトリウム石鹸を手に収まるサイズに成形したもの。ただし、洗濯石鹸ではキログラム単位のものもあります。乾燥するとひび割れます。プラスチック包装が普及するまではパラフィン紙(グラシン紙)が用いられたようです。

☆紙石鹸・・・固形石鹸を紙のように薄く削いだもので、手洗い一回分として携帯用や、駄菓子屋で売られていました(女の子向け)。

☆粉末石鹸・・・主に洗濯用石鹸の形状。必要量を計量しやすく、溶かしやすい。

☆液体石鹸・・・常温でゼリー状から粘液状になるカリ石鹸を適度に加水したもの。固形石鹸より割高だが、洗浄効果や節水で有利であるほか、ホテルなど宿泊施設では管理面で有利(減った分だけ補充すればよい)なため普及しています。手洗い用(ハンドソープ)と浴用(ボディソープ)があり、前者は殺菌と洗浄を、後者は香料や保湿を重視しています。

まとめ

日本の法令体系では、身体洗浄用石けん(浴用、薬用)は医薬品医療機器等法における化粧品と医薬部外品として、家庭用石けん(洗濯用・台所用)は家庭用品品質表示法における雑貨工業品品質表示規程で規格化されています。

このような規格は必要だと思います。安心安全な商品を皆様に使っていただくのは当たり前の世の中でないと安心して生活できません。

この規格により、「せっけんあーとイヴ」の商品は雑貨扱いとなります。
基本的にはいわゆる石鹸として使用していただくのではなく、見て楽しんで癒されていただく、という商品です。
それでも使用している材料は安心なものをもちろん選んでいます。

石鹸の歴史についてでしたが、個人的には中々興味深い話でした。

まず石鹸が偶然の産物で生まれたのが驚きで、それがなかったらこの世に存在してなかったかもしれないですしね。

今や当たり前のように子供からおとなまでなんとなく使っていた石鹸ですが、歴史を知ると面白くて勉強になりました。