色材の違い

基本の土台に使う素材によって色材の種類が違ってきます

一般的なせっけんの土台に使うのは、大きく分けて2種類あります。

●グリセリンソープ
●オイル+苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)のコールドプロセス製法

それぞれに使う色材は同じ物は使えません。(使っても生地に馴染まなかったり分離したりします)

手づくり石鹸を着色するときには、鉱物を原料として作られる顔料、植物(ハーブやお花)を原料にした顔料、食べ物やスイーツの色付けとして用いられる「食用色素」があります。鉱物には色のあざやかなものがあり、少量でもしっかり色がつくのが特徴です。

★グリセリンソープ(CPソープ)に使う色材
・・・・基本はリキッドタイプのカラーを使います。リキッドタイプの色材はグリセリンソープと色材を混ぜて作られています。だいたいのモノは保存料は使われていないので、安心して使うことが出来ます。

★オイル+苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)に使う色材
・・・・こちらはピグメントやオキサイド(酸化物)などです。
こちらは水には溶けない色材で粉末状であることが一般的です。油分に分散させてから使います。また、「マイカ」と呼ばれるモノを使ってキラキラした感じを合わせたい場合もあります。

★いろいろな身近な色材
・・・・けっこう身近にあるどんなものでも色材として利用することも出来ます。
例えば、☆竹炭 ☆あずき粉 ☆しょうが ☆酒粕 ☆赤酸化鉄など、探せばもっともっと出てきます。お茶やコーヒー、スパイスなどでもおもしろいですね。

オイルに溶け込まないものが多いですが、素朴な味わいや不思議な模様などが楽しめます。

「せっけんあ−とイヴ」での色材

せっけんあーとイヴでは主に2種類使用しています。

リキッドカラーとピグメント素材。
主には手作り石けん専門店「手づくり石けんの店ツクツク」さんで購入しています。サイトは今はアマゾンさんや楽天さんからでないと購入が難しそうですが・・・・いろいろな材料があります。

今はWeb上でもいろいろな色材を購入することが出来ます。

石鹸の色付けは、ムラができてしまったり、色がにじんだりとなかなか上手くできないこともあります。グリセリンリバーがでてしまったり・・・

私が目指しているのはポップでパステル的な可愛い色合い。

いろいろなせっけんあーとを作るのもいいけど、同じ品質で同じような色合いを目指します!!